外国為替市場としてのFXのことを考えてみます。

FXでは、二種類の貨幣を売買することにより両者の差額を獲得できるというような方式になります。

こうした二つの国の貨幣の間で作り出される差額をスワップ金利といいます。

このようなスワップ金利というのは、正しくはスワップポイントというようです。

FXのスワップポイント(スワップ金利)は、一日でも受け取る事が出来ますけれどもその時の為替の動きによって変わるとのことです。

外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイントで儲けることを目当てに、為替の取引を行っている人々もたくさんいます。

スワップポイントはFX業者により違いがあるのでほんのわずかでもスワップ金利が高い取引業者でやり取りしたいと思いますよね。

しかし、スワップ金利(スワップポイント)は為替相場が動くことによって変動するので気をつけてください。

もう一つ為替の取引をするためにはチャートを読む力が必須になるのです。

こうしたグラフを読めれば為替相場の動き方を読み取る事が出来ると言われます。

外国為替に慣れない人が見た時、いったい何の図ですか?のように難しいと感じてしまうかと思いますが要所をわかっていることでチャートが理解可能となるのです。

日本円が上がるとか下降するとかここで最も円安になるだろうとこの図表を理解する事で判別する事が可能になり為替の取引をやるには大切な情報源となるはずです。

ここで言うグラフは、日本ではローソク足(陰陽足)が使われており名前の通りローソクの形に似た図表で表現されています。

このローソク足(陰陽足)で高値とか安値、加えて終値と始値などを表していて図表上で多種多様な形になっています。