車の売却額を可能な限り上乗せするには、、愛車を手放す時期、タイミングというのも影響があります。自分から店頭まで自分の車に乗っていって見積もりを依頼しなくてもインターネット上で車専門店に買取査定の依頼をしたら直ぐ買取査定額を提示することができますが、所有するクルマを多少でも損をすることなく売ることを前提とすれば、少なからず気を付けるべきことがある訳です。どういったものが挙げられるかというと一番は、走行距離があります。中古車にとっての走行距離はクルマの乗り換え額の査定をするにあたり大事な判断基準とされる項目のひとつです。どのくらいの走行距離で手放すのがベストかというと車の査定額が変わってくる走行距離は5万kmという説が有力ですからそのラインをオーバーするより先に、売却額査定をお願いして手放すのがベスト言えます。メーターが20000kmと70000kmでは当たり前ですが査定対象車の買取価格は変わってきます。また、車検が挙げられます。もちろん車検には現金が必要ですので車検に出すまでの残月数が長いほど査定は大きくなると勘違いするのが普通かもしれませんが実際のところ車検の前でも後でも中古車の査定額にはそれほど影響がありません。こうしたことは実際やってみるとけっこう理解できるでしょう。車検時期が近付いてきた車は売却を検討するには望ましいということです。反対に、査定額を吊り上げるために車検を済ませてから査定見積もりしてもらおうと考えるのはお金と手間がかかるだけで、たいして意味がないということです。それからお店に自動車を売る時期としては2月と8月が狙い目と言われている時期です。というのも自動車買取店の決算の時期が3月と9月のところが多くあるからです。なので例えば、1月に売るよりはもう少し待って2月に中古車の査定見積もりを専門業者に依頼して売るのも手です。それぞれの事情もあると思いますので、皆が皆こうした時期を狙って手放すわけにもいかないと思いますが可能であればそのようなタイミングを狙ってみると都合がいいかもしれません。